【BRISA】マイカルタって何??

BRISAナイフ ハンドルの素材について

BRISAナイフの人気シリーズ【Necker 70】には、ハンドル素材が4種類ございます。(※弊社アブレイズ取扱い)

・カーリーバーチ

・オリーブ

・バイソンマイカルタ

・マスタードマイカルタ

上記2つのカーリーバーチ / オリーブは、ウッド素材を使用したハンドルです。

一方、下の2つ『マイカルタ』という名前は聞きなれない単語だと思います...!

本日は、そんなマイカルタ素材をご紹介させていただきます★

【BRISA】マイカルタって何??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイカルタとは…?

マイカルタとは、ナイフのハンドルでよく使われる人工素材の一つです。

リネン(麻)やペーパー(紙)など、母体となる材料を積層して、樹脂で固めた素材になります。

 

NECKER 70 のマイカルタで使用されているのは、黄麻(コウマ)と呼ばれる種類の麻を使用しています。

マイカルタは、経年劣化や伸び縮みが少なく、衝撃に強いという特性があります。

 

マイカルタは、1940年代アメリカのウェスティングハウス社が開発し、

現在はインターナショナル・ペーパー社で作られたものだけが『マイカルタ』と呼ばれています!

【BRISA】マイカルタって何??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事