【アウトドア入門コラム】はじめてのナイフ選び

はじめての〇〇シリーズ

アウトドア初心者のスタッフによるアウトドア入門コーナーをスタートします★

一緒に勉強していく気分で読んで頂けたら嬉しいです(^^)/

第1回目は、アウトドアに欠かすことのできない【ナイフの選び方】についてご紹介いたします。

【アウトドア入門コラム】はじめてのナイフ選び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトドアナイフの種類

キャンプや登山、川遊びなどアウトドアフィールドで使われるナイフは大きく分けて3種類あります。

 

①シースナイフ

折りたためない、固定刃のナイフです。

ナイフを収納する「シース(鞘)」とセットで使われることからシースナイフと呼ばれます。

②フォールディングナイフ

折りたたむことのできるタイプのナイフです。

ブレードの厚さが薄いタイプが多く、コンパクトに持ち運べて、調理などに向いています。 ③ツールナイフ

ナイフだけでなく、栓抜きやハサミなどがセットになったマルチユースのナイフです。

【アウトドア入門コラム】はじめてのナイフ選び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトドアナイフの使い分けの方法

色々な種類があって悩んでしまうナイフですが、用途に合わせて使い分けることがオススメです。

ナイフを使って太めの薪を割る「バドニング」には、力強く使えるシースナイフが活躍します。

細めの薪や枝を細かく割いて、火種として使う「フェザースティック」を作る際は

フォールディングナイフや、小さめのシースナイフが使いやすいです。

 

以前アウトドアショップの店員さんから

「ナイフの全長が、自分の片手の平いっぱいに広げたサイズと同じ位が扱いやすい」と伺いました♪

また、登山などで携帯するナイフは小型で様々な状況に対応できるツールナイフがオススメです。

ドライバーやピンセット、ノコギリ刃がついていると、緊急事態に役立ちます!

 

その他、ナイフの鋼材やブレードの種類によっても用途は異なります。

調べれば調べるほど、ナイフは本当に奥が深くて驚きますね....!!!

おすすめ記事