WTS(ワークタフストーブ)のこだわり

WTS

クリーンバーンの二次燃焼システム

WTSには煙まで燃やす二次燃焼構造が採用されています。

この構造により、煙まで燃やすことができ、煙突から排出される煙がクリーンになります。

煙まで燃やすので、ストーブ本体もかなり温度が上がり、テント内をより暖かくしてくれます。

WTS(ワークタフストーブ)のこだわり

 

 

 

 

 

 

 

水に濡れても割れない窓

従来の薪ストーブのガラスは濡れてしまうと温度差で割れてしまいますが、

WTSの窓ガラスは、ストーブが燃焼中でも割れない特別製のガラスになります。

この特別製の窓ガラスのおかげで、サウナテント用のストーブとしても使用可能で、ロウリュウなど水をかけることが出来ます。

WTS(ワークタフストーブ)のこだわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WTSストーブは初心者にも使いやすく、手軽に使用できなおかつタフな作りは様々なアウトドアシーンで活躍します。

WTSで一年中薪ストーブを楽しんではいかがでしょうか?

おすすめ記事