ポータブル薪ストーブGstoveの誕生★

ポータブルなアウトドア用薪ストーブ

Gstoveは、ウインタースポーツが盛んなノルウェーから生まれたブランドです。

 

薪ストーブGstoveの初期のものが開発されたのが2007年で、当時のストーブの重さは何と27㎏もありました!

プロトタイプ(試作品)とはいえ、とても持ち運びができる重さではありませんでした。

今のGstove Heat Viewモデルの原型が2009年に出来上がり、2014年までの約5年もの間、更なる開発を重ね、

2015年に遂に今のモデルが誕生しました。

 

ポータブル薪ストーブGstoveの誕生★

 

 

 

 

 

 

 

当時のヨーロッパ市場には、持ち運びが出来る軽い薪ストーブの存在はあまりなく、競合もほとんどいませんでした。

もちろん大きなストーブは存在しておりましたが、なかなか10㎏前後で牽牛な薪ストーブを開発するのはとても労力のかかる仕事でした。

今現在では、10㎏前後の薪ストーブはたくさん存在しておりますが、

持ち運びが出来る薪ストーブとしてはGstove社製がいち早く日本の冬のキャンプで活躍してくれたストーブとなりました♪

 

 

そんなGstoveで、今年は冬キャンプデビューしてみませんか?