テント生地の素材について知っていますか?

テント素材について

皆さんは、テントに使われている素材をご存じでしょうか?

山岳用テントとファミリーテントでは使われている素材が異なる場合があります。

 

山岳テントは、主に軽い素材が求められる為、ナイロン、シルクナイロンといった素材が使われております。

ファミリーテントは、ナイロン、シルクナイロン、コットン、ポリコットンなど更に使われる生地の幅が広くなります。

後者の場合は、重さを重視しないことが多いので、キャンプスタイルによって素材が豊富なんですね。

 

ーコットン・ポリコットン生地の特徴

コットン、ポリコットンは皆さんご存じかと思いますが、グランピング等に使われるテントでよく使用されます。

夏は、通気性が良く涼しく、冬は、灯油ストーブや薪ストーブを使用するのに適したテントです。

結露がしにくいという点も魅力ですね!

ただ、重くて、濡れたら乾きづらく、湿度の高い日本では、乾燥させてから保管しないとカビやすいのがデメリットです。

とはいえ、シルエットが美しいテントが多いので一定の人気を持っています♪

テント生地の素材について知っていますか?

 

ーナイロン生地の特徴

ナイロンは、軽くて雨にも強いテントです。テント素材としては最もよく使われています。

数年使うと防水加工剤のシーリングやコーティングが剥がれ落ちたり、溶たりしてしまう加水分解を起こしてしまいます。

価格が安価で良いナイロンテントですが年月が立つと経年劣化しやすいですね。

 

ーシルクナイロン生地の特徴

シルクナイロン素材は、ナイロンテントの様に加水分解が起きません。

防水性に優れており、生地が劣化がし難いテントです。

ただ、その品質により価格帯が高価な素材となります。大体ナイロンテントの1.5倍ほどです。

高い分、長持ちするテントと言えます。

テント生地の素材について知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのキャンプスタイルに合わせたベストな生地を選ぶ参考にされてくださいね♪

おすすめ記事